古着情報Webマガジン WEAR WAYS NEWS

日本の老舗デニムブランド「エドウィン」、創業50年の貫禄

日本の老舗デニムブランド「エドウィン」、創業50年の貫禄

日本を代表するデニムブランドといえば、EDWIN(エドウィン)。
今や世界の中でデニムの名産地として人気を博している日本。その中でも、50年の歴史をもち、幅広い年代から愛されているエドウィンの人気の理由に迫ります。

ジャパンデニムブランドの老舗でありスタンダード。その始まりとは?

1950年代にEDWIN(エドウィン)の母体である、常見米八商店の商号から発展した「TUNEMI」は、中古ジーンズをアメリカから輸入して市場に提供していました。1960年代に入り、日本で初めて独自の製法でジーンズを製造・販売します。それが、エドウィンの始まりです。

「EDWIN」というブランド名は、デニム(DENIM)の「D」と「E」 を逆転し、さらに「NIM」を180度反転した「WIN」から成り立っています。ブランド名の由来には、「江戸」が「勝つ」(WIN)という都市伝説も生まれるほど、話題性に富んでいるブランドです。

ケミカルやストーンウォッシュなど、デニム加工の未来を切り開いたエドウィン

今日まで、デニムは日本の高い技術で様々な加工が施されてきました。エドウィンはその中でも、デニム加工の先駆けとして様々な加工を開発しました。
ケミカル、ストーンウォッシュなど、デニム加工の未来を切り開いたと言っても過言ではありません。エドウィンのデニム加工の歴史を見てみましょう。

ワンウォッシュ

1963年に、デニムの加工では初めてとなる、一度洗いをかけた「ワンウォッシュ」を開発。ユーズドデニムの風合いを人工的に表現した初めての試みでした。

オールドウォッシュ

1975年には「オールドウォッシュ」を開発。 ワンウォッシュから派生した古着独特のディテールを再現した中古(ユーズド)加工。
グラインダー(手擦り)でジーンズを削るなど、道具を駆使してヴィンテージデニムを表現しました。

ストーンウォッシュ

1981年に開発された「ストーンウォッシュ」加工。
ジーンズと軽石を入れて一気にかくはんするバレルの設計や軽石の調達など、当時の試行錯誤の賜物といえる技術です。
その後、1980年代には「ケミカルウォッシュ」や「サンドブラスト」、「シェービング」など、デニムアパレルの主流となる加工を開発しました。

このように、様々なデニム加工の歴史を作ってきたエドウィン。今も日本のデニムのスタンダードとして君臨しています。

ハリウッドスターや有名タレントを起用し世界的ブランドへ

「懐かしい!」と思われる方も多いかもしれませんが、以前、ハリウッドスターのブラッド・ピットが「♪ゴ~マリ~サ~ン」と、503(ゴーマルサン)を歌っていたテレビCMは、衝撃的なインパクトがありました。このCMを機に、エドウィンは世界でも爆発的人気となりました。日本人では、速水もこみちさんや土屋アンナさんをCMに起用するなど、プロモーションの上手さもエドウィンの人気を後押ししています。

日本初の取り組みで、デニムの歴史を作ってきたエドウィン。ユーズド市場では点数も多く出回っており、自分好みの一本が必ず見つかるはずです。
また、デニムの楽しみはそのユーズド感。日本ではユーズドやリサイクルの普及率が年々上がってきており、デニムをあえてユーズドで探し、味わいのある自分好みの一本を見つける方が年々増えています。はき古したデニムが、誰かのベストワンになり、高額で取引される可能性だってあるのです。そう考えるとワクワクしてきますね。
自分のデニムが誰に渡るのか、思いを馳せながらぜひあなたも “リユースデビュー” してみませんか?


EDWINを含むエドウィン EDWIN 古着・中古検索結果 | ベクトルパーク
http://vector-park.jp/list/?kw=EDWIN&b_search=&bd%5B%5D=00950_%A5%A8%A5%C9%A5%A6%A5%A3%A5%F3+EDWIN&pl=&ph=&kw2=

EDWINを含むエドウィン EDWIN 古着・中古検索結果 | ベクトルパーク

エドウィン EDWINの古着・中古品一覧。ベクトルパークは、60万点以上のファッションアイテムを取り扱う通販サイトです。コートやデニムなどの古着やバッグや財布、時計などの中古品を多数取り揃えています。未使用品・新品の商品も豊富なので、あなたが探しているエドウィン EDWINの古着・中古品がきっと見つかります。

EDWINを含むエドウィン EDWIN 古着・中古検索結果 | ベクトルパーク
FOLLOWFacebookやTwitterをフォロー