古着情報Webマガジン WEAR WAYS NEWS

東京23区からの発信!新しいスタンダードの形「23区」

東京23区からの発信!新しいスタンダードの形「23区」

「23区」は、20代から40代の女性をターゲットとした、シンプル&ベーシックを基本としたレディースファッションブランド。「Japanese Women’s Standard」を掲げ、新品・中古を問わずレディースファッション業界をけん引し続けています。

「23区」のブランドコンセプト、Japanese Women’s Standardとは?

「23区」は、1993年に発表されたオンワード樫山が取り扱うレディースファッションブランド。ブランドコンセプトには、直訳すると「現実性のある服」という意味の「Japanese Women’s Standard」という言葉が使われています。日本の中心である東京23区で、実質的な価値のある現実的な服を提供していくことへの決意と、ライフスタイルの変化にあわせ新しいファッションを生み出していく、という熱意が、「23区」というブランド名に込められています。そして、それを実現するかのごとく、オンワード樫山の売上トップのブランドとして、輝きを増し続けているのです。

23区が提案する、ファッション×スポーツ

近年、スポーツウェアのファッション性の高さに注目が集まっています。以前はスポーツウェアといえば、機能性を重視するゆえに、カラーバリエーションやデザイン性は優先されない傾向にありました。しかし近年では、若者がカジュアルアイテムとして導入したり、プロスポーツ選手の人気も相まって、スポーツアイテムの売上は伸びています。23区は以前から、「23区スポーツ」や「23区ゴルフ」といったスポーツブランドラインを独自に展開しており、常に一定数以上の顧客ニーズを獲得しています。ファッションブランドの展開力もさることながら、スポーツウェアのカテゴリでもシェアを持っている23区は、リユース業界でも注目株のブランドです。

リユース市場での価値基準は「定価」よりも「需要」

最後に、23区のリユース市場での評価を見ていきましょう。まず、リユース市場について、よく勘違いされるのが「リユース市場での価格は、その商品の定価で決まる」ということです。確かに定価はその商品の価値を決める一つの材料ではありますが、一番重要なのは、その商品に対する「需要値」となります。リユース市場での需要が高ければ、買取価格も上がり、販売価格もそれに比例します。
23区を古着で購入する際に、中心となる価格帯は約15,000~20,000円程のようです。「品質は素材に左右される」と言いますが、まさに、素材のクオリティや着心地の良さをベースにファンを増やし続けているのが23区。ブランドコンセプトの「Japanese Women’s Standard」のとおり、ベーシックにほどよくトレンドをミックスしたファッションスタイルは、リユース市場において最も重要な要素の「需要」を獲得し続けています。そのため、23区のアイテムは高額査定になることも多いのです。着なくなった服がある方は買取に出してみると高値がつくかもしれません。


23区 オンワード樫山 中古・古着特集 | ベクトルパーク
http://vector-park.jp/23ku.html

23区 オンワード樫山 中古・古着特集 | ベクトルパーク

23区オンワード樫山特集。23区オンワード樫山の古着や中古アイテムを特集したページです。ダレノガレ明美さんをPRアンバサダーに起用したベクトルパークでは23区の人気商品を揃えています。

23区 オンワード樫山 中古・古着特集 | ベクトルパーク

23区 オンワード樫山 | 買取ブランド・実績 | 古着・洋服の高価買取ならフクウロの宅配買取
http://vector-kaitori.jp/brand/item/23.html

23区 オンワード樫山 | 買取ブランド・実績 | 古着・洋服の高価買取ならフクウロの宅配買取

23区 オンワード樫山の高価買取ならフクウロ宅配買取!もちろん査定は無料。ブランド衣類の買取歴 10年。あなたの洋服を高く買います!

23区 オンワード樫山 | 買取ブランド・実績
FOLLOWFacebookやTwitterをフォロー
WHAT’S NEWニュース・特集・連載の最新情報