古着情報Webマガジン WEAR WAYS NEWS

いつの時代も女性の永遠の憧れ! CHANEL(シャネル)の魅力

いつの時代も女性の永遠の憧れ! CHANEL(シャネル)の魅力

CHANEL(シャネル)といえば言わずと知れた世界的ファッションブランドです。
近年ファッションシーンを席巻するヴィンテージブームも、シャネルのヴィンテージ商品が火付け役と言われており、シャネルはまさに時代を作っているといっても過言ではありません。

今回は魅力あるシャネルの世界をご紹介していきたいと思います。

シャネルの歴史のはじまりは、帽子だった

「CHANEL(シャネル)」は1909年、ガブリエル・シャネル(通称、ココシャネル)が設立したフランスのブランドで、帽子屋としてスタートしました。

「ココ・シャネル」といえば彼女をモチーフにした映画や、彼女の名言をまとめた本が出版されるほど、ファッション業界で知らない人はいないファッションデザイナーです。
とくに、彼女を題材にした映画は4作品あり、ファッション業界に多大なる影響を及ぼしたことがうかがえます。

それでは、彼女がファッション業界に与えた影響と共に、代表作である「シャネル スーツ」についてご紹介していきましょう。

ファッションモデルは痩せている方が美しい

ファッションショーを見ていると痩せているモデルが多いなと目につきませんか? 
今では当たり前のようになっていますが、「モデルは痩せている」という概念を作ったのは、ココ・シャネルだと言われています。
痩せているココ・シャネル自身がモデルを務めたシャネルのコレクションで、その美しさが評価され、現在の “ファッションモデル=痩せている” という、半ば定義のようなものができました。

また、ココ・シャネルは、コルセットが多用されていた1900年代初頭の女性服に対して「どうして女は窮屈な服装に耐えなければならないのか」という疑問を覚えていました。
そこから、当時愛人であったウェストミンスター公爵の故郷である、イギリスの紳士服の仕立てや素材を女性用の服に応用。
スポーティでシンプルなデザインの「シャネル・スーツ」を生み出しました。シャネルのスーツは誕生以来、半世紀以上経っていますが、今も世の中の女性を魅了し続けています。

#CHANELGroundControl #CHANELFallWinter #PFW

A post shared by CHANEL (@chanelofficial) on

リユース業界でも存在感を放つシャネル

リユース業界においても、シャネルの存在感は抜群です。
シャネルの製品であればどんなものでも、リユースショップで高額買取が期待できます。
シャネルの製品は非常に高額なため、比較的安価に手に入る古着屋さんやリユースショップで探してみるのもおすすめです。

また昨今はヴィンテージブームで、シャネルの1980~1990年代に発売された衣料品は、非常に高い人気があります。
ちなみに、ヴィンテージではありませんが、今リユースショップで非常に人気の高い製品は、「プラダを着た悪魔」でアン・ハサウェイが着用していた、2005年クルーズモデルのエンブレムジャケットです。現在であれば中古品でも40万円程度の高値で取引されています。

「エンブレムジャケットは持っていない」という方も、押入れに眠ったままになっているシャネルの製品があれば、ヴィンテージブームの今が売りどきかもしれませんよ。

#ChanelCruiseCuba

A post shared by CHANEL (@chanelofficial) on


シャネル 中古・古着人気カテゴリー | ベクトルパーク
http://vector-park.jp/chanel.html

シャネル 中古・古着人気カテゴリー | ベクトルパーク

シャネル特集。シャネルの古着や中古アイテムを特集したページです。ダレノガレ明美さんをPRアンバサダーに起用したベクトルパークではシャネルの人気商品を揃えています。

シャネル 中古・古着人気カテゴリー
FOLLOWFacebookやTwitterをフォロー