古着情報Webマガジン WEAR WAYS NEWS

古着で“ちょっといいコト”、服をリサイクルして寄付もできる「リサイフク」

古着で“ちょっといいコト”、服をリサイクルして寄付もできる「リサイフク」

自分が着なくなった服で誰かの役に立てる、そんなチャリティー活動があるのをご存じですか?

着ない服は潔く手放すことでクローゼットを効率的に使え、おしゃれにもつながって一石二鳥。
捨てるのはもったいない服と、気持ちよくサヨナラする方法をご紹介します。

いらない服をしまったままにしておくのは、おしゃれの大敵!

大切にしていたけど着ない服、サイズが合わなくなった服が、クローゼットに眠ったままになっていませんか?
そのままにしておくと、着ない服に場所を取られて必要な服が見つからない……なんていうことにもなりかねません。クローゼットにはよく着る服だけをかけておいて、おしゃれを楽しみたいですよね。

不用になった服の処分方法はいろいろ。「潔く捨てる!」という選択肢もありますが、自分にとってはいらなくなった服でも、誰かに役立ててもらえる方法がたくさんあります。
古着屋さんで売ったり、ネットの宅配買取に出したり、フリマで売ったり、アパレルショップの下取りサービスに持って行ったり……。

そんななかに、着なくなった服で “ちょっといいコト” ができるチャリティー活動があるのを知っていますか?

クローゼットの服

古着をリサイクルして社会貢献に参加できる「リサイフク」

着なくなった不用な服を送ると、その服がリサイクルされて寄付もできるというチャリティー活動が、認定NPO法人 グッドネーバーズ・ジャパンが取り組む「リサイフク」。

グッドネーバーズ・ジャパンは、自然災害や飢餓、紛争などで傷つき苦しんでいる世界中の人々の人道・開発援助を目的に韓国で設立された国際NGOグッドネーバーズ・インターナショナルの日本法人。発展途上国の子どもたちの支援に取り組んでいます。

服を寄付・リサイクルする「リサイフク」の仕組み

不用になった服を送ると、その服を古着買取・販売事業に取り組む株式会社ベクトルが査定をして、その査定金額が支援金として世界の子ども達のための給食・医療・教育などに寄付されます。古着を寄付・リサイクルして世界の子ども達を支援する、グッドネーバーズ・ジャパンと株式会社ベクトルの取り組みです。

  1. 不用になった服を段ボール箱に詰めて送る
  2. 古着の買取・販売を行うベクトルで服を査定
  3. 査定された服は、ベクトルの店舗やECサイトで販売。また、査定金額にベクトルが+10%の金額を上乗せして、発展途上国の子どもたちの支援のために寄付します。

古着をお金に換えて支援を行うのには、ワケがあります

発展途上国への支援というと、服をそのまま送らないの? という疑問をもつ方もいらっしゃるかもしれません。
支援先に服を直接送らないのは、送料の方が現地で購入するより高い場合があるなど、輸送や作業に関わる費用の問題。

また、支援物資を現地調達することで、その国の経済の活性化にもつながるという理由などがあります。そのため、寄付された物品は日本で換金して、必要とされる活動に役立てているそうです。

認定NPO法人 グッドネーバーズ・ジャパンHP

 

着なくなった服が誰かの役に立つ、リサイクルのカタチ

いかがでしたか? 着なくなった服が誰かの役に立って社会貢献につながるなら、気持ちよく服を手放すことができます。

「リサイフク」は、NPO団体と企業が協力しあうことで、個別で取り組むよりも世の中により役立つ支援ができる取り組みのカタチ。
今回紹介したチャリティー活動のほかにも、古着のリサイクルや寄付に取り組む団体や企業があります。

服を手放すときは、古着屋さんや宅配買取、下取りなど様々な方法がありますが、チャリティー活動で社会貢献に参加するのもひとつの方法。ぜひ、自分にあった方法を選んでみてください。

チャリティ活動


グッドネーバーズ・ジャパン「リサイフク」
http://www.gnjp.org/contents/cp/recyfuku

グッドネーバーズ・ジャパン「リサイフク」

『リサイフク』は、古着を寄付・リユースして世界の子ども達を支援する、ベクトルとグッドネーバーズ・ジャパンの取り組みです。着なくなった洋服たちが世界の子ども達のための給食・医療・教育等の支援になります。

グッドネーバーズ・ジャパン「リサイフク」
FOLLOWFacebookやTwitterをフォロー