古着情報Webマガジン WEAR WAYS NEWS

みんな意外と知らない? 古着の販売ルートとは!

みんな意外と知らない? 古着の販売ルートとは!

古着が、商品として店頭に並ぶまでのルートは、お客さんにはあまり知られていませんよね。
古着販売の裏側を知ることで、あなたももっと古着に対する興味が湧くかもしれません!

古着屋さんの服って、いったいどこからくるの?

古着が元の持ち主から買い取られたあと、どのような手順で古着屋に並んで、再び新しい買い手の元へ渡るんだろう……? と、不思議に思ったことはありませんか?

そこで今回は、そんな古着が商品になって、みなさんの手元へ来るまでのルートをご紹介します!

古着販売! ショップに並ぶまでの、なが~い旅路!

古着を買い取るショップには、日々いろんな古着が持ち込まれてきます。
しかし、そのすべてが店頭に並ぶわけではありません。

買い取られた服の行き先はその服によってさまざま。
なかには、日本を飛び出して海外へ行くものも!

では早速、洋服たちの旅路をみていきましょう!

行先はどこ……? 販売orリサイクル資源? 仕分け作業!

買い取られた古着は、再び古着屋さんで販売できる服か、そうでない服かに仕分けされます。
専門知識を持ったバイヤーさんや、毎日古着に触れてトレンドに敏感なスタッフの方が、商品のブランドや状態をみて判断!
販売できると判断されたものは、もう一度商品として販売されることになります。

ブランドタグや品質表示タグがない商品、また汚れや破損が目立ってしまい使用ができないと判断された古着は、リサイクル資源として海外に輸出してウエス(機械類の油を拭き取ったり、汚れ・不純物などを拭き取ってきれいにするために用いる布)として販売されたり、新たな衣類となるよう、リユースにまわしたりしています。

販売用の古着は、さらなる仕分けのあと値段を決定!

商品として販売する古着は、さらに細かく季節ごとに分類されます。
そのシーズンにあった服には値段がつけられ、商品として店頭に並びます。

シーズン前で今はまだ販売ができない商品は、そのシーズンまでお店が大切に保管。
またそのシーズンが来ると保管されていた商品に値段がつけられ、店頭で販売されることになります。

商品の値段は、商品の状態や季節、ブランドなどいろいろな要素を総合して、各店舗の専門スタッフの方が決めます。
古着に掘り出し物があるのは、スタッフによって評価が変わることも関係しているようです。

国内で売れないものや、売れ残りは海外へ進出!

お店で売れ残ってしまった服や、日本国内では売れにくいとバイヤーさんに判断されたものは、近くの国々で販売されることもあります。

東南アジアや韓国などの国は、日本人と体系や人気のファッションが似ているので、その国の人たちにもう一度有効に活用してもらえることも多いよう!
おかげで、店頭にはいつも新しい商品を並べることができ、お店もお客さんにも、はたまた海外のお客さんにとっても嬉しい「一石三鳥」の仕組みなのです!

捨てるよりずっとエコロジー!

季節の変わり目や引っ越しの際に捨てようとした服も、買取に出せばとってもエコロジー。
自分が愛着を持っていた服や使っていたカバンが、誰かのお気に入りとしてまた活躍してくれるなんて素敵だと思いませんか?

あなたも迷ったら、古着を買取に出してみてはいかがでしょうか。


古着・洋服の宅配買取 フクウロ
http://vector-kaitori.jp/

古着・洋服の宅配買取 フクウロ

古着・洋服・ブランド品の高価買取ならフクウロ!もちろん査定は無料。ブランド衣類の買取歴 10年。あなたの洋服を高く買います!

古着・洋服の宅配買取 フクウロ
FOLLOWFacebookやTwitterをフォロー