古着情報Webマガジン WEAR WAYS NEWS

高級ダウンの王道ブランド!モンクレールを美しく着こなす方法

高級ダウンの王道ブランド!モンクレールを美しく着こなす方法

モンクレールといえば、セレブにも御用達の高級ダウンブランドとして、世界でも高い知名度と愛用者を持っています。今では冬の定番となったダウンジャケット。モンクレールのダウンは何が違うのでしょうか? その魅力を解き明かします。

ダウンジャケットの高級ブランド、モンクレール誕生のストーリー

MONCLER(モンクレール)は、フランスのグルノーブル郊外の小さな村、Monestier de Clermont(モネスチエ・ドゥ・クレールモン)で設立したダウンメーカー。ブランド名のモンクレールは、この設立地の頭文字から名づけられました。現在は本社をイタリアに置いています。ブランドの歴史は長く、創業は1952年。もともとはテントやシュラフ、ウェアといった登山家のための装備を手掛ける企業でした。工場で働くスタッフの防寒用に作った手足を出せるシュラフが、今のダウンウェアの原型だといわれています。モンクレールは、初めてヒマラヤ登頂に成功したフランス人のリオネル・テレイをテクニカルアドバイザーに迎え、軽量で保温力に優れ機能的なダウンウェアの開発をスタートさせました。

世界的な登山チームへのウェア提供で、モンクレールの名が有名に

モンクレールは、1954年のイタリアのカラコルム登頂隊、1955年のフランスのマカル登頂隊、1964年のアメリカのアラスカ遠征隊にウェアを提供。ほどなくして世界の登山家たちから絶大な支持を得るようになります。そして1968年の第10回冬季オリンピック(グルノーブル開催)では、フランスのアルペンナショナルスキーチームの公式スポンサーに認定。このときからフランスの国鳥である雄鶏(おんどり)と、国旗のトリコロールカラーが特徴の現在のロゴになりました。以来、モンクレールはクラシックでありながら、流行りを取り入れたファッション性の高いダウン製品の創作に力を入れるように。アイテムの充実をはかり、レディースモデルにも力を入れてきました。モンクレールはファッションとしてもトレンドを牽引し、現在のブランドの地位を確立するに至りました。

Take a look at the #moncler boutique in the Shanghai IFC Mall #monclershanghai

A photo posted by Moncler (@moncler) on

なぜダウンジャケットは軽くて温かいのか?

ダウンとは、水鳥の胸のあたりから採取される、軸をもたないふわふわの綿毛のこと。陸鳥は胸の毛が少なく羽根が大きいため、ダウンジャケットなどの衣料には不向きで、水鳥の羽毛が使われます。ダウンジャケットに用いられているのは、主にグース(ガチョウ)とダック(アヒル)の2種類。水鳥の羽毛は、水に浮かび体温が保たれるよう、撥水性が高く空気を含みやすい性質が特徴です。そのためダウンジャケットは、体温で温めた空気を羽毛が保ってくれるのです。また、水鳥の羽毛は「軽さ」も大きな特徴のひとつ。だから、ダウンジャケットは軽くてあたたかいんですね。

ダウンジャケットにダウンとフェザー2種類の羽毛が使われる理由

また、ダウンジャケットには、ダウンのほかにもフェザーが含まれます。フェザーは軸のある背中部分の羽根のこと。空気の層を含む力はダウンに比べると低く、保温性は劣りますが、ダウンの暖かさを保つために重要な役割を担っています。その理由は、ダウンの保温性には空気の層が必要だから。羽毛がつぶれた状態では空気の層が作られにくく温まらないので、空気を含んだ状態を保つために、軸があって元通りになる力のあるフェザーが活躍するのです。

モンクレールのクオリティを支える高品質のグースダウン

モンクレールが使用しているグースダウンは空気を含む力が高く、保温性が高い高品質のダウン。そのため少量でも防寒性に優れています。なかでもモンクレールは、空気包含力や断熱力が最も強いニューダウンを使用しています。これは1羽からたった30グラムしか採取できない希少なもの。この羽毛を使ったモンクレールのダウンは、フランスの規格協会であるAFNORから「4Flocons(キャトル・フロコン)」の認定を受けている最高ランクのダウン。使われるグースの産毛は、各部位ごとに1グラム単位で計られ、職人の手作業によって商品が作られていきます。この作業は機械化が難しく、作られる量が制限されます。モンクレールのダウンジャケットは、厳選された素材を使うことで、保温性が非常に高く、軽くて包み込まれるような着心地を実現。それは真冬でもインナーは薄手のTシャツ1枚でいられるほどの暖かさです。

美しいシルエットでモンクレールを着こなすための選び方

モンクレールのダウンジャケットは、シルエットを重要視し、身体のラインを美しく魅せると評価されています。「スーツスタイルにダウンジャケット」という組み合わせを、初めて違和感なく見せたブランドともいえるでしょう。クラシックな雰囲気を残しつつも最新の流行も逃さず、ほかのブランドとは一線を画した一着を作り上げるモンクレール。その姿勢がファンの心を離さないのでしょう。機能性とファッション性を兼ね備えたモンクレールを着こなすためのコツをご紹介します。

きれいなシルエットでダウンを着るには、サイズ選びが重要!

モンクレールはサイズの展開が幅広く、自分の体に合わせて購入することができます。サイズ展開は、メンズは00(XS)~6(3XL)、レディースは00(XS)~5(XL)まで。可能であれば、まずはお店で一度袖を通してみることをおすすめします。身幅、袖丈など、自分の体型に合うか、シルエットはきれいか、よくチェックしてください。ダウンジャケットは身幅で合わせるとよいとされますが、インに着るものや、ジップを開けて着るのか閉めて着るのかも考慮しましょう。やや小さめのサイズを選ぶ方がシルエットがきれいに出ますが、閉めて着ることが多いならジャストサイズを選ぶのがおすすめです。
メンズの場合は、身長165cm~175cmで0サイズ、175cm~185cmで1サイズが、レディースの場合は、145cm~160cmで00サイズ、160cm~175cmで0サイズが目安です。デザインによってはサイズ感が違うこともありますので、お近くのお店で試着してみてください。

長く着られるモンクレールを賢く手に入れる方法

自分に合うサイズがわかったら、いよいよ購入です。モンクレールの正規店で買うのが安心ですが、モンクレールのダウンはリユース市場にも多く出回っています。珍しいデザインがほしいならリユース商品を探してみるのもいいですね。また、新品よりもお手頃な価格で手に入るメリットもあります。ただ、モンクレールは人気ゆえに偽物も出回っています。リユース商品の購入なら、信頼できるリユース専門のショップをおすすめします。鑑定などもしっかりしているので、安心して購入できますよ。今年の冬は、モンクレールのおしゃれなアウターで決めてみませんか?

“Take a walk on the first snowfall of the season” Regram @kessara #moncler #winterinspiration

A photo posted by Moncler (@moncler) on


モンクレール 中古・古着特集 | ベクトルパーク
http://vector-park.jp/t/moncler.html

モンクレール 中古・古着特集 | ベクトルパーク

モンクレール特集。モンクレールスの古着や中古アイテムを特集したページです。ダレノガレ明美さんをPRアンバサダーに起用したベクトルパークではモンクレールの人気商品を揃えています。

モンクレール 中古・古着特集 | ベクトルパーク
FOLLOWFacebookやTwitterをフォロー