古着情報Webマガジン WEAR WAYS NEWS

『スニーカー』という言葉を確固たるものにしたNIKE(ナイキ)

『スニーカー』という言葉を確固たるものにしたNIKE(ナイキ)

あえて振り返る必要もないほど世の中に浸透したスニーカー。そしてそのスニーカー文化を常に牽引し続けるアメリカオレゴン州発のスポーツ総合メーカーが今回ピックアップするナイキです。

日本のあのメーカーとも深いつながりがあった創世記

設立は1964年アメリカのオレゴン大学で陸上部のコーチを務めていたビルバウワーマンと陸上部の選手であったフィルナイトが共同出資し、のちにナイキとなるブルーリボンスポーツ社を設立しました、当時は日本のオニツカダイガー(現アシックス)のスニーカー製品の輸入販売と開発にも携わっており、今日の製品開発の礎ができました。

ワッフルソールから始まったナイキの軌跡

1971年頃から本格的にナイキとしての商品開発が始まりました。ナイキの軌跡を辿る上で
欠かせないもの、やはりワッフルソールです。


当時の技術や概念を覆す規則的に並べられた突起が優れた衝撃吸収と滑りにくいシューズを生み出したのです。そこから半世紀余り、途絶えることのないヒット商品でプロのアスリートのみならず、人々を魅了し続けるデザインと機能を兼ね備え、今もなお進化し続けています。

思い描いていた未来を現実にするナイキの商品開発

筆者があえて振り返らずとも皆さんは知っていると思います。ナイキを語る上でかかせないコルテッツに始まりエアマックスそしてジョーダンシリーズの存在を。今もなお、形を変えながら時代に呼応するように現代に生き続けています。そんな中、全く新しい商品がナイキから発表されました。


ハイパーアダプト1.0。『アダプティブレーシング』という機能を搭載し靴に内蔵したセンサーが着用者のかかとの重みを検知する仕組みです。そうすることによって『自動で靴ひもが締まったり、緩んだり』する筆者が小さいころに映画で見たスニーカーが現実のものになるのです。ワクワクしませんか?筆者はその時を今か今かと興奮して見守っています。

リユース業界におけるナイキ

近年注目度を増しているリユース業界でもナイキといえば他のスポーツメーカーとは一線を画すほどの人気。ここで本来ならばAIR JORDAN (エアジョーダン)やAIR YEEZY(エアイージー)など高額で取引されるものを紹介するところなのですが、今回は敢えてNIKE IDについてお伝えしたいことがあります。知っていましたか?・・・実はNIKE IDはリユース業界でも人気があるということを。NIKE IDとはスニーカーのモデル・柄などを自分好みにカスタムできるナイキのサービスで今非常に注目を浴びています。そんな自分用のスニーカーがリサイクルショップで売れるの?と思っている方も多いと思います。でも心配無用です。NIKE IDでは限定カラーや限定パターンが何種類もあり、通常では販売されていないデザインのスニーカーを作ることが可能で、リサイクルショップでも非常に高く取引されています。NIKE IDを作ったものの、「思っていたイメージと違って履かないな。」と思ったらリサイクルショップに持って行ってみてはいかがでしょうか。


ナイキ 中古・古着特集 | ベクトルパーク
http://vector-park.jp/t/nike.html

ナイキ 中古・古着特集 | ベクトルパーク

ナイキ特集。ナイキの古着や中古アイテムを特集したページです。ダレノガレ明美さんをPRアンバサダーに起用したベクトルパークではナイキの人気商品を揃えています。

ナイキ 中古・古着特集 | ベクトルパーク
FOLLOWFacebookやTwitterをフォロー