古着情報Webマガジン WEAR WAYS NEWS

環境問題にも取り組む世界的アウトドアブランド「パタゴニア」

環境問題にも取り組む世界的アウトドアブランド「パタゴニア」

もはやアウトドア界でも説明不要なシェアを誇る、人気ブランド「Patagonia(パタゴニア)」。ファンの多いパタゴニアのブランドの歴史や定番アイテムから、知らない人も多いかもしれない環境問題への取り組みにも注目します。

リサイクルウェアの原点。環境問題にも取り組むパタゴニアとは?

Patagonia(パタゴニア)は、アウトドア用衣料品やバッグ、靴などを展開するアメリカのブランド。クライミング用品の製造・販売を行っていたイヴォン・シュイナードが、1973年に立ち上げました。南米の地名であるパタゴニアは、地図には載っていないような遠隔地をイメージさせるものでした。

1993年にアウトドアウェア製造企業としては初めて、消費者から回収しリサイクルしたペットボトルを使った再生フリースの製品を作り始め、注目を浴びました。また、パタゴニアは環境に配慮した製品作りで知られており、環境問題に取り組むグループの助成を行っていることも有名です。パタゴニアの店舗でのマイバッグ持参の推進や、企業としての環境保護団体への助成金サポート、ビーチの清掃活動などの活動も、アウトドア愛好家から愛される理由となっています。

パタゴニア定番人気のフリースライン! 軽く、暖かく、地球に優しい。

パタゴニアの人気ラインはなんと言ってもフリース。フリースの特長である、軽さ、絶妙な毛羽の長さ、保温性のどれを取っても完成度が高く幅広いシーンで愛されています。フリース製品の素材は、自社独自の「シンチラ」、ペットボトル再生素材の「PCRシンチラ」など、地球環境に優しい素材を使用。
また1996年以降、綿素材商品にはすべて無農薬のオーガニックコットンを使用。さらに現在発売しているウール製品には、非塩素処理の原料を使用している徹底ぶり。環境保護を訴えるアウトドアブランドの中でもパタゴニアのこだわりは群を抜いています。

リユース市場でも大人気! リサイクルを推進するパタゴニア愛好家達。

リユース市場でのパタゴニア人気は活性化しています。パタゴニアが掲げるリサイクルの精神は、パタゴニア愛好家にも根付いており、着なくなったウェアやアイテムは、次に必要な人に渡るようにリユース市場に出すファンも多いそうです。なかでも、人気のフリース「Retro-X(レトロ エックス)」は、カラーリングが毎シーズン幅広くリリースされており、過去の気に入った人気カラーを手に入れるためにユーズド品を探す人も多いそう。

このように、パタゴニアのリユース市場での動きは常に活発です。あなたの使わなくなったパタゴニアのアイテムも、世界のどこかで、誰かの喜びに変わることがあるかもしれません。無限の可能性を持ったリユース市場へ、一緒に飛び込みましょう!

Stretchy and breathable—#TheWinterOpportunist. Photo: @andrew_miller

A photo posted by Patagonia (@patagonia) on


パタゴニア Patagonia 中古・古着特集 | ベクトルパーク
https://vector-park.jp/t/patagonia.html

パタゴニア Patagonia 中古・古着特集 | ベクトルパーク

パタゴニア Patagonia の古着や中古アイテムの特集ページです。ベクトルパークは70万点以上のファッションアイテムを取り扱う通販サイト。中古品・未使用品・新品を多数取り揃えています。

パタゴニア Patagonia 中古・古着特集
FOLLOWFacebookやTwitterをフォロー